一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

平日お仕事の方や,ご都合の悪い方のために,土曜日の法律相談を受け付けております。

お待ちいただいてしまう場合もございますので,お電話でのご予約をお願いいたします。

電話0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)

法テラスの震災法律援助や扶助相談がご利用いただける場合には,相談料は無料です。

早いもので、もう3月になりました。
事務所を開設してから丸2ヶ月になりましたが、おかげさまで忙しくなってまいりました。

東日本大震災からももうすぐ4年が経ちます。

以前、平成27年3月まで、法テラスの震災法律援助が利用できると書きましたが、利用できる期間が3年間延長になりました。

東日本大震災の時、宮城県内にお住まいの方で、まだ震災法律援助をお使いでない方は、
同一事案で3回まで、無料で法律相談を受けることができます。

この機会にぜひ、利用してみてください。

ご相談のご予約は、0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)
もしくはホームページ
からお気軽にどうぞ。
法テラスの震災法律援助、扶助相談がご利用いただける場合は、相談料は無料です。

調停が開かれるのは月に1回が目安です。裁判所によっては、調停の開かれる回数が少なく、調停委員や裁判官の予定が埋まっていたりして、次の調停までそれ以上の時間がかかる場合もあります。

調停が行われる回数は、平均的な離婚調停事件ですと、3回から4回くらいかかる場合が多いです。

当事者同士の話合いがまとまれば、調停成立です。
まとまらなかった場合や、相手方が裁判所からの呼び出しに応じず、出席しなかった場合は、調停不成立になります。

ご相談のご予約は、0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)
もしくはホームページ
からお気軽にどうぞ。
法テラスの震災法律援助、扶助相談がご利用いただける場合は、相談料は無料です。

調停当日は,申立てた人(申立人)と相手方は,別々の待合室で待ち,
調停委員から呼ばれて自分の番が来るのを待ちます。

自分が呼ばれたら,決められた調停室に案内されます。

調停手続きは,男女1名ずつの民間人の調停委員と,審判官という裁判官1名で進められます。
当事者のお話を聞くのは主に調停委員の役割です。

それぞれ,30分を目安に,交互に調停委員の前で自分の申立てをお話することになります。

調停室に入れるのは,原則として当事者のみです。家族といえども調停室の中には入れません。
代理人の弁護士がいる場合は弁護士も中に入れます。

一回の調停は,だいたい1時間半から2時間が目安ですが,話し合いの内容によっては長引いたりすることもあります。


ご相談のご予約は、0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)
もしくはホームページhttp://ajisai-law.com/
からお気軽にどうぞ。
法テラスの震災法律援助、扶助相談がご利用いただける場合は、相談料は無料です。


 

調停は、申立てをしてから始まるまで、だいたい1ヶ月くらいかかります。

裁判所の場所によっては、毎日調停が開かれることもあれば、週に開かれる曜日が決まっている場合もあります。

裁判所は平日のみしかやっていませんので、調停も平日に開かれることになります。
お仕事をされている場合などは、休んで出席していただく必要があります。

ご相談のご予約は、0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)
もしくはホームページ
からお気軽にどうぞ。
法テラスの震災法律援助、扶助相談がご利用いただける場合は、相談料は無料です。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM