一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

どんな種類の調停でも同じですが、相手とは顔を合わせない仕組みになっています。

待合室は申立人と相手方で別々に分かれています。また、調停室で話をするときにも、相手と交互に調停室に入ることになります。

例外として、代理人の弁護士がつかず、当事者本人同士で調停を行う場合には、最初の手続きの説明の際に2人で調停室に入って説明を受けることになります。
代理人弁護士がついている場合には、弁護士がいる方の当事者はこの説明を省略できます。


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM