一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

調停を申立てるのは、「家庭裁判所」です。

各都道府県には、県庁所在地にある「本庁」の裁判所と、各地域ごとの「支部」があります。

では、離婚調停を配偶者に対して起こすとしたら、どこの家庭裁判所に出したらいいのでしょうか。

原則的には、配偶者の住所地を管轄する家庭裁判所になります。自分の住所地ではありません。

「住所地」がどこになるかは、住民票が基準になります。

例えば、別居して自分が遠方の実家に帰ることを予定している場合や、配偶者が遠方に引越す予定の場合は、住民票がどこにあるか・調停をいつ申立てるかを考える必要があります。

調停には、原則的には本人が出席する必要がありますので、遠方の裁判所だと出席が大変になるためです。

ご相談のご予約は、0229-25-4677(平日午前9時〜午後6時)までお気軽にお問い合わせください。
法テラスの震災法律援助、扶助相談がご利用いただける場合は、相談料は無料です。

  • -
  • 21:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM